夜の店での昏睡強盗被害について、クレジットカード会社による補償適用を受け、被害の一部を回復した事例 |悪質商法・詐欺被害のための弁護士市川巧特設サイト

悪質商法・詐欺被害のための特設サイト

夜の店での昏睡強盗被害について、クレジットカード会社による補償適用を受け、被害の一部を回復した事例

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:40代
相談前

東京都内の繁華街で客引きに誘われるまま夜の店に入り、提供されたアルコールドリンクを飲んだところまでは意識があったが、その後の記憶が曖昧で、どのようにして帰宅したかも分からない。

店内でクレジットカード伝票にサインしたり、カード端末に暗証番号を入力した記憶はない。

翌朝、目が覚めたとき、ひどい二日酔いの状態だった。

後日、カード会社からの明細で、約100万円もの飲食代金についてカード決済がなされていることが判明し、驚愕した。

相談後

クレジットカード加盟店において、不正にカード決済がなされたものとして、カード会社に対し、支払停止・チャージバックを求めるとともに、加盟店への調査を要請した。

並行して、飲食代金についてカード決済がなされた店に対し、カード会社から支払われた立替金を返還することを求める書面を送付した。

店からは何の応答もなかった。

カード会社と粘り強く交渉した結果、決済額の半分以上について補償適用を受けることで、カード会社と合意し、解決した。

弁護士からのコメント

チャージバックが成立しない場合でも、カード会社からカード不正利用に対する補償適用を受け、被害の一部回復がなされる場合があります。

暗証番号入力(決済)がなされている場合、カード会社は、名義人本人によるカード利用がなされたとものとして、譲りません。

それでも、カード会社から開示を受けたクレジットカード伝票に記載されている内容(飲食した品名、単価その他)が不自然であることなどを指摘し、粘り強く交渉すれば、解決に至ることがあります。

その他の解決事例

副業・内職詐欺で騙し取られたお金の半分を取り戻すこ...

  • 性別:女性
  • 年代:40代
インターネット上でたどり着いた副業・内職サイトで、100万円を騙し取られた方からのご相談。徹底的にやりましょう、と受任。

探偵被害-弁護士業務に当たる調査を引き受けた探偵業...

  • 性別:女性
  • 年代:40代
携帯電話番号のみ判明している異性の住所調査を探偵業者に依頼し、「開示請求」の費用として数十万円を支払った。 しかし、費用を支払ってから数か月が経過しても探偵業者から進捗報告がなく、不審に思った。

競輪情報詐欺の事例

  • 性別:女性
  • 年代:40代
必ず的中する競輪の予想情報を提供するという触れ込みで、クレジットカード決済で情報料を支払ったが、提供された情報は全て外れた。

クレジットカード決済の全額取消しに成功した事例

  • 性別:女性
  • 年代:20代
指示通り動画投稿をすれば必ず儲かると言われ、ノウハウ代をクレジットカード決済で支払ったが、全く収入が得られなかった。

パチンコの打ち子詐欺で騙し取られた200万円全額+...

  • 性別:女性
  • 年代:20代
インターネット上でパチンコの打ち子(モニター)のアルバイトという話を持ち掛けられ、保証金等の名目で計200万円を騙し取られた方からの相談。当職にたどり着くまでに何人もの弁護士に依頼を断られたとのこと。

悪質商法・詐欺被害ご相談
弁護士 市川巧お任せください